会社概要

代表挨拶

北勢工業は昭和24年創業以来、鋳造製品メーカーとして、都市空間を演出してまいりました。下水道関連製品における付加価値を高め、マンホール類のデザイン性の追及、景観製品の強化など、さまざまな要請に応え続けることで、現在のポジションを築きあげました。
それはまた、樹木保護蓋「ルーツグレート」のシェアNo.1など、数々の実績につながっています。今後も公共性の重要さを重んじる業界にあって、屈指の販売網と製品バリエーション、開発力と生産体制を活かし、次代の街づくりに貢献し続けます。

代表取締役社長北山晴英

会社概要PROFILE

社名北勢工業株式会社
本社所在地〒577-0815
東大阪市金物町2番14号
事業所・工場はこちら
創業昭和24年7月3日
資本金1億5,750万円
代表取締役北山 晴英
従業員110名(男子90名、女子20名)
主要取引銀行りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、商工中金
主要取引先国土交通省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、総務省、防衛省、都市再生機構、水資源機構、東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株)、西日本高速道路(株)、阪神高速道路(株)、日本中央競馬会、各都道府県、市町村、主要建設会社、衛生・電気設備会社、造園会社
事業内容景観製品(樹木保護盤、車止め、ベンチ、照明灯、オーナメントなど)
上下水道用鋳鉄器材(量水器・仕切弁・消火栓用鉄蓋、グラウンドマンホールなど)
土木・建築・電設用鋳鉄器材(マンホール鉄蓋、ハンドホール鉄蓋、排水桝蓋、溝蓋など)の製造販売

沿革HISTORY

1949年(昭和24年) 7月大阪市北区天神橋筋1丁目78番地にて鋳鉄製品販売業を創業
1961年(昭和36年) 4月北勢工業株式会社を設立(資本金100万円)
1965年(昭和40年) 9月資本金を1,000万円に増資
1967年(昭和42年) 2月東大阪市金物町に鉄筋3階建ての社屋を新築、東大阪営業所を開設
1967年(昭和42年) 8月枚方市に鋳造工場を新設、水道・土木用の鋳鉄製品の製造を開始
1971年(昭和46年) 10月資本金を5,000万円に増資
1972年(昭和47年) 11月埼玉県戸田市に東京営業所を開設
1973年(昭和48年) 4月日本水道協会より検査工場認定取得
1975年(昭和50年) 4月京都府久世郡久御山町に京都営業所を開設
1975年(昭和50年) 5月福岡営業所を開設
1977年(昭和52年) 9月岡山営業所を開設
1979年(昭和54年) 7月資本金を10,500万円に増資
1980年(昭和55年) 7月奈良県山辺郡に鋳造工場ならびに倉庫を建設
1984年(昭和59年) 4月神戸営業所を開設
1985年(昭和60年) 7月資本金を15,750万円に増資
1988年(昭和63年) 1月仙台営業所を開設
1988年(昭和63年) 4月石川県小松市に小松営業所を開設
1988年(昭和63年) 5月高松営業所を開設
1988年(昭和63年) 6月岸和田営業所を開設
1989年(平成元年) 5月新潟営業所を開設
1989年(平成元年) 10月広島営業所を開設
1990年(平成2年) 4月埼玉営業所を開設
1992年(平成4年) 8月大阪開発部を開設
1993年(平成5年) 10月日本下水道協会より認定工場取得
1994年(平成6年) 5月日本工業規格表示認証取得
1994年(平成6年) 7月名古屋営業所を開設
1995年(平成7年) 10月千葉営業所を開設
1997年(平成9年) 11月奈良配送センターを開設(自動倉庫)
1998年(平成10年) 1月関東支店を開設(東京営業所,埼玉営業所を統合)
2001年(平成13年) 10月和歌山営業所を開設
2002年(平成14年) 4月神奈川営業所を開設
2003年(平成15年) 5月横浜営業所を開設
2006年(平成18年) 12月新神奈川営業所を開設(神奈川営業所と横浜営業所を統合)
2009年(平成21年) 10月関東支店を東京都北区赤羽に移転(旧関東支店は川口配送センターに改称)
2010年(平成22年) 4月関東支店に神奈川営業所を編入
2011年(平成23年) 4月山口営業所を開設
2012年(平成24年) 4月本社営業部を再編(大阪営業部に南大阪営業所・和歌山営業所を統合。及び水道事業担当課を開設)
2016年(平成28年) 4月神奈川営業所を開設
2017年(平成29年) 1月三重営業所・茨城営業所を開設
2018年(平成30年) 7月関東支店を再編及び移転(関東支店・千葉営業所・川口配送センターを統合)